コミュニケーション

コミュニケーション

  • コミュニケーション一覧★

    コミュニケーション

    最近、子どもとのコミュニケーションが非常に楽しいです。

    まだ3ヶ月なのでもちろん話はできませんが、「アーアー」とか「キャッキャ」と、声にならない声でいつもお話しています。あれはどう見ても、何か話してるんですよね。何を話してるんだろう。

    一説では親が話していることを真似して、口をパクパクさせてるそうですが、こっちが何も話してなくても声を出すんですよね。実は、もう頭の中ではいろんなことがわかっていて、後は言葉を覚えるだけなのかもしれませんね。

    ちゃんと言葉で思っていることを言ってもらえるようになると、子育てもだいぶ楽になるといいますよね。

    今はまだ、こっちが勝手に「これがいいだろう」と思ったことを押し付けてるだけですからね。ほんとに子どもが望んでいることを察せられるようになりたいもんです。早く話せるようにならないかなあ。

    それと、さっきまでニコニコ笑って遊んでいたかと思うと、突然「ギャー!」と泣き出すのは一体なんなんでしょうか。全然理由がわからないから、ほんと驚きます。

    普通なら、「お腹がすいた」「あつい」「痛い」などの泣き出す理由がある思うんです。でも、このギャン泣きには理由のようなものがあるのかないのか、それすらわからないんです。寝てるときなら「なんか変な夢でも見たのかな」と思うんですが、バッチリ目を開けてるときですからなおさらワケが分からないです。

    でも、なんか彼なりの理由があるんでしょうね。こういうときに言葉でコミュニケーションが取れると、ほんと助かるのになあと思います。

    あとはミルクを飲んだ後ですね。

    うちの子はゲップをうまく出せないんです。だから、飲ませてからしばらくするとリバースすることがあるんですね。こういうときも、「ヤバイ!もどしそう」と一言いってもらえれば助かると思いますね。

    まあ、そこまで成長すればゲップもうまくできるようになってるんでしょうが。

    しかし、まだ3ヶ月ですが驚くほどの成長ぶりです。同じ時期にうまれた子どもと比べても、うちの子のダントツ早いです。でも、どんな子でも小学生になるくらいには並んでるっていうから、天才とまでは思わないですけど。

    とにかく、一日も早く言葉でコミュニケーションが取れるようになって欲しいと思う、今日この頃です。

    アルファードハイブリッド

    心の傷と体の傷の関係

    ストレスを感じて胃がキリキリと痛んでしまう経験をしたことは、大抵の人ならば何度かあるのではないでしょうか? 日常や仕事において心に負担をかけて暮らしていれば、当然のことですよね。

    ストレスによって胃が痛んでしまうというのは、心と体の繋がりがあるという証拠です。心に傷を負えば体にもそれが影響してしまうというわけですね。

    心の傷が大きければ大きいほど、当然体の傷も大きくなります。よくストレスで胃が炎症を引き起こしてしまったり、穴が空いてしまったなんていう人もいますが、そういった人はストレスを溜め込んで心の傷を大きくしてしまいがちだからとも言われているくらいです。

    また、ストレスの影響があらわれるのは胃だけではありません。腸に影響があらわれれば便秘や下痢といった症状を引き起こし、腸内環境を悪化させてしまいます。腸内環境が悪化すれば、体内に毒素が巡ってしまうこととなり、肌に荒れを生じさせてしまったりもします。

    喉や口内にも影響があらわれます。口の中が異様に乾いたり匂ったり、できものができてしまったりもします。

    ストレスによって引き起こされてしまうトラブルは、またそのトラブル自体がストレスを生み出してしまうから厄介なものなのです。

    私は以前ストレスで耳に不調をきたしたことがありました。一時的な症状だったのでさほど気にせずともすぐに治り、ストレスと病気の関係性を知る機会にもなりました。

    学生時代はしょっちゅう胃が痛くなっていましたが、あれもやっぱりストレスが減員だったと思います。特に中学生時代の野球部の試合が近くなると、胃がキリキリして吐き気も感じたものです。

    実は私、野球が嫌いだったんですよね(笑)。仲の良い友達がみんな野球部に入ってしまったので、自分も入部しただけだったのです。嫌々やっていたのでストレスで胃が痛んでいたのだと思います。

    今は学生時代ほどストレスは感じていない気がするのですが、日々の忙しさでストレスを実感する間も無く積み重ねているだけなのかもしれませんね。それである時、どかんとストレスが爆発して大きな病に……

    うーん、怖いですね。ちゃんとストレスを発散できることを見つけて人生楽しまないと、長生きはできそうもありません。