お礼参り

お礼参り

  • お礼参り一覧★

    お礼参り

    久しぶりに妻と赤ちゃんと一緒にお出かけ。

    赤ちゃんが生まれてから一度も近くの神社にお参りに行ってなかったので、ちょっとご挨拶に。いわゆる、お礼参りというんでしょうか。

    この神社には妊娠がわかったときに、臨月に入ったときも、安産祈願にきたんですよね。それなのに、無事、出産したのにそのご報告をしないっていうのも、なんだかなあという感じなので行ってきました。

    東京で安産祈願といえば水天宮です。もちろん、水天宮にも出産前に安産祈願にいってきたので、水天宮にはまた後日行くことにしています。

    神社ですが、この週末にお祭りがあるらしく、平日の昼間というのに屋台の組み立てとかで結構たくさんの人がいました。

    あと、お参りにも若い女の子の二人組みや、営業途中のサラリーマン風の男性など、バラエティに飛んだ面々が。日ごろはあまり神社にいく機会はないですが、結構いろんな人がお参りしてるもんなんですね。

    しかも、若い人が多いというのにも驚きです。

    若い女の子の二人組みは、パワースポットめぐりでもしているんでしょうか。ガイドブックのようなものを片手にお参りしてましたよ。

    赤ちゃんを抱いて、しっかりとお参り。元気に育ちますように。

    その後、近くの写真館を偵察。最近はスタジオアリスなんかで、コスプレ(?)させて写真を撮る人が多いようですが、我が家も負けじと、プロのカメラマンに撮ってもらおうかと思ってます。

    実は、スナップ写真は生まれてから今日まで、一日も欠かさず撮ってます。そのうち撮り忘れる日が来ると思うんですが、それまでは何となく、続けてみようとと思っています。

    でも、自分たちで撮るとどうしても寝ている写真か、ブレブレの写真になっちゃうんですよね。

    だから、一度きちんとしたプロのカメラマンに撮ってもらいたいんですよね。もう、この時期は二度と来ないわけですから、きちんと成長を残しておいてあげたいんです。

    値段的にお手ごろなプランがあったので、それにしようかと思ってます。データもすべてくれるというので、年賀状にも使えまわせそうだし。

    それにしても、デジカメが出来てほんと便利になりましたよね。失敗しても気にする必要がないので、どんどんシャッターが切れますから。

    そういえば、溜まってきたデータをそろそろ整理しないとヤバイんだよなあ。

    大阪の婚活パーティー

    人が人を信頼できない時代

    近所のおじさんが悪ふざけをした子どもを叱る。このような光景は、一昔前では当然の情景でした。ところが今の時代はそのような情景が認められないという雰囲気が大きく漂っています。

    昔は、自分の子どもを叱ってくれたことに対して親は「ありがとうございました」くらいの感謝の気持ちを叱った人に対して持ったものです。そして叱られた子どもは「叱られるようなことして!」と泣きっ面に蜂といった思いをしたものです。これが一般的でした。

    今はというと、子どもが誰かに叱られたら、親は目くじらを立てて叱った人に対して敵意をむき出すのが一般的だといわれています。「うちの子は悪くない!」という、肥大すぎる過保護精神がそうさせるのでしょう。

    これは学校教育にも言えることでしょう。いつのころからか、体罰が子どもの為を思っての行為ではなく、子どもをいじめるだけの行為と思われてしまったのは、親の過保護精神が強くなってしまったからとも言えます。

    そのような過保護の元育てられ、誰からも叱られることなく育った子たちが、はたして日本の未来を支える人材となれるのか、少々不安に感じませんか?

    ですが、親が過保護にならざるを得ないという今の時代も分からなくもありません。それだけ他人が信じられないというのが実状ですから。

    本来、親が絶大の信頼をおけるはずの教師が多くの不祥事を起こしてしまうのです。そりゃあ、体罰一つでも受けようものなら、体罰を与えた先生側にも不信感を抱いてしまうのも無理は無いでしょう。

    まったく知らない他人ならなお更です。誘拐や傷害事件を起こしてしまう不審人物かもしれないかと思えば、子どもを守ろうという防衛行為に出るのは当然との見方もできます。

    このような状況で一番辛い思いをするのは、やはりいい人なんですよね。教師だって素晴らしい人間はたくさんいます。子を叱る他人だって、子どものことを思った人間がたくさんいます。ほんの少数の人間が悪いことをしているお陰で、辛い思いをさせられてしまっているのです。

    しかも、素晴らしい人間だって不当な扱いを受けたり、良かれと思ってやったことで叩かれてしまうようでしたら、心だって歪んでしまいます。そうやって悪い人間へと堕ちていってしまった人も少なくないでしょうね。

    人が人を信頼できない時代って、ほんと寂しいですね。